岩槻と廃藩置県

埼玉県の名前の由来を考えると、おもしろい事がわかってきます。

明治4年に廃藩置県があったのをご存知ですね?
そういえば聞いた事がある単語だなぁ思った皆さん。
そうです、この言葉は教科書に出てきましたよね。

埼玉県という名前は、岩槻区の前身である岩槻町の所属郡であった埼玉郡から名付けられたのです。
その後に旧浦和町に置かれることになった県庁所在地も、元々は岩槻に置かれることになっていたのです。
しかし、暫定でおかれたはずの浦和の県庁は動かされることにはならず、幻の岩槻県庁とあいなった訳です。
岩槻藩から岩槻町へ、そして岩槻市になり、現在はさいたま市岩槻区へ。
時代の流れとともに少しずつ名前を変えてきたこの場所ですが、この先どのような発展をみせるのでしょうか。

時代が流れ、呼び名が変わり、住む人の顔が変わっても、最初に治めた太田道灌が築城した岩槻城はきっと見ていてくれています。
楽しみな思いで。また心配な親心を持って。