さいたま市の岩槻区は「人形の町」として全国にその名を轟かせています。
東武野田線の岩槻駅(東口)に降り立ってみてください。
雛人形の専門店がずらりと立ち並ぶその様子は、圧巻です。

なぜこのように人形作りの盛んな町になったのか、その由来を紐解いてみましょう。

はじまりは江戸時代初期にまでさかのぼります。
眠り猫や泣き龍で有名な、日光東照宮の造営に関わった職人が、名水井戸に惹かれて岩槻市にとどまり、
その腕を活かして人形作りの店を開いたのが事はじめ、という伝説があります。

埼玉県内には、鴻巣市や越谷市、所沢市など、他にも人形作りが盛んな市が存在しますが、
これは流れる名水のもたらした置き土産でしょうか。
全ての起源が日光東照宮の造営に関わった職人とは言わないまでも、
多くがその可能性を考えられるとするならば、この先、途絶えることなくずっと後世に伝えていきたい、
伝統的な美しい技術なのですね。

雛人形以外にも、絢爛たる兜人形ももちろんたくさんありますので、目の保養に1度立ち寄ってみてはいかがですか?